川崎市から神戸市への引越し費用

川崎市から神戸市への引越しを予定されている方へ、このページでは
川崎市から神戸市への引越し概算見積もり額と引越し費用を安くするための見積もりの方法をご紹介しています。

 

引越し料金は、業者によって違います。 最大で50%も違うこともあります!
自分の引越し料金を具体的に知りたい、料金が安い引越し業者を選びたい


これを使うと便利です!
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。

各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。


 引越し価格ガイド


川崎市から神戸市への引越し概算見積もり額

単身で引越しの場合
川崎市から神戸市への引越し概算見積もり額は
おおよそ50,000 〜 90,000円の費用が相場です。

 

夫婦2人での引越しの場合
川崎市から神戸市への引越し概算見積もり額は、
おおよそ60,000 〜 150,000円の費用が相場です。

 

家族4人での引越しの場合、
川崎市から神戸市への引越し概算見積もり額は、
おおよそ70,000 〜 200,000円の費用が相場です。

上記は、川崎市から神戸市への引越し概算見積もり額の
一般的な荷物量を設定して算出した参考価格です。

 

引越し料金は、その人、その人の引越し内容によって違います。
引越し料金は、業者によって違います。最大で50%も違うこともあります!

 

自分の引越し料金を具体的に知りたい、料金が安い引越し業者を選びたい


これを使うと便利です!
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。

各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。


 引越し価格ガイド


 

 

■引越料金の見積もり
引越しの見積もりについてですが、引越し屋さんもいろいろあってどこがいいのだか?引越し各社の見積を比較してみて、引越し会社を検討するのがいいと思います。なぜ引越しの見積もりが必要なのかというと、引越し料金の見積もりを比較することで、安く引越しできる業者はどこか、サービスはどうなっているのか比較することができます。前もって見積もりをしてくれるのは、通常はどこの引越し業者でもそうしています。引越し見積もりのやり方としては、引越し業者に電話をして見積もりを依頼します。約束の日時に、担当者が訪問して、荷物の量などを見て見積もりをしてくれます。どうやって引越し料金を計算するかは、どの引越し業者も大体同じなのですが、荷物全体の容積がどのくらいになるのか、荷造りは業者に頼むのか、自分でするのかなどを確認します。そして新居までの距離ですとか何階か、エレベーターはあるかなど、から当日の作業量などを計算して見積もりをしてくれます。見積書をもらったら、比較検討をして、最も条件がよい引越し業者に決めますが、数社見積もりをしてもらうことで、サービス内容が同じような場合は、値段で判断して選ぶことになりますし、価格に差がなくても対応やサービスのよさを比べて選ぶことができますので、やはり引越しの見積もりは数社比較をしてみることで安くてサービスもよい引越し会社を選ぶことができます。

 

■引越し料金の仕組み
引越し料金はどのように計算されているかということですが、引越し料金はどのような内訳になっているのかというと、運送料と人件費、梱包費と交通費、保険料などが含まれています。まず引越し料金の運送費ですが、運送費は運賃と作業の料金が含まれています。どのくらいの大きさのトラックが必要なのか、必要な作業時間どのくらいの距離荷物を運ぶのかによって、引越し料金の金額は違ってきます。引越しに使用するトラックが大きくなるほど引越し料金は増額になりますし、当然ですが、トラックの台数が多くなるほど引越し料金は高い価格になりますし、もちろん、引越し先が遠ければ遠いほど引越し料金は増額になりますし、それから、人件費に関しては、これは引越し会社の作業員のことで引越し業者の作業員の数が多ければ多いほど引越し料金の金額は高くなります。その他にも梱包費と交通費がありますが梱包費は梱包に使用するダンボールなどや梱包作業になります。交通費に関しては下道で有料道路を使わなければ必要ない料金です。最後に保険料に関しましては引越し業者によって無い場合もあるようです。何か傷がついたりトラブルがあったときに保険に入っていないと、困ってしまうことがあるかもしれません。引越し業者の料金は主にこれらの合算になっています。それそれの業者によって無料サービスになっている場合などもあり、数社の業者を比べてから選ぶのが賢い方法です。

 

 

■引越しのオンライン見積もり
引越しの見積もりがインターネットでもできます。とくに一括見積り比較というシステムもありよく利用されています。これを使うには、住所やメールアドレス、その他必要事項を入力すると簡単な入力作業一回だけで、沢山の引越し業者から見積もりをしてもらうことができるのが便利なので、使う人も多くなっています。何社もの引越し業者に一社一社見積もり依頼をするのはめんどくさいですが、これを使うと、たった一回で済んでしまうこともあって、テレビやラジオでもCMしていることもあり利用者も増えています。しかしなたら、オンラインの見積もりはかなりアバウトな料金しかわからないので、具体的な引越料金を見積もりしてもらうには、実際の荷物や搬出経路などを確認して、見積もりをしてもらうという方法になります。インターネットの見積もりを使うことのよい点というをのは、一回の入力作業で、まとめてたくさんの会社に見積もり依頼できる点で、引越し各社の見積もり内容を比較をすることができる点です。多くの引越し会社の見積もりを比べることで一番お得に引越しができる業者がわかりますから、最もお得な会社に引越しを依頼することができることです。実際に引越し料金は会社によってかなり違いますから、引越し業者を決めてしまう前にぜひ使うとよいです。

 

■引越しの見積もり比較
引越しの料金は見積もりを比べるとよいです。見積を比較する場合にはポイントになる点がありますどんなところをくらべてみるとよいのかということですが、もちろん何を比較するかといえば、まずは、価格で比較するのはその他のサービス内容でも比較しておくとよりいいのではないでしょうか。どんなことかといいますと、何社かから見積もりを出してもらったら、プランの種類がいっしょであってもダンボールの数であったり、ハンガーボックスなどもあるのかとか梱包材料はどんなものまで含まれるかも引越しの見積もりを比較する場合にはチェックしておくのも大切です。中には、引越し見積もりに訪問した時になにかのプレゼントがもらえるとかといったサービスがあるかもしれませんし、タンスの中身は出さないでそのままでOKのこともありましし、タンスの中の衣類などは出しておかなければならないこともあります。引越し会社から見積書をもらったら、数社から見積書を出してもらって引越しの見積もりを比べてみるのがいいですね。そうすることによって、どの引越し業者が金額的に安いのか、サービスがよいのはどの会社なのかが、わかるので、お得な業者を選ぶことができます。ですので、実際に、引越し会社によって見積もりはけっこう違うので、何社かの見積もりを比べて選ぶと損をすることがありません。

 

■引越しと防震
引越の時に地震対策をしておくというのはよいですよね。阪神大震災があってからは引越し業者さんでも引越しの際に防震グッズを設置してくれるオプションがあるところも多いようですね。免震シートや固定金具などいろいろなものを引越会社では用意しているようです。例として、新居に家具を運搬、設置をしたら地震があったのために家具を固定しておく転倒防止用の家具の固定金具もありますし、家具を置く下や家具を積み重ねる間に免震用のシートなどをはさんでおくというのもあります。引越しをして落ち着いてからそういったことをしようと思うと一苦労ですよね。防震金具や免震シートなど見つけてくるのも大変ですが、そのようなオプションを利用すれば、どうせ荷物を動かすついでなので合理的ですね。地震対策のサービスではそれぞれの引越し業者によってもやってくれることに違いがありますし、対策費用にも違いがあるのではないかと思います。各社のホームページなどを見てみると、どのような地震対策をしてくれるのか載せられているはずですから、それを見て確認をしてサービス内容を比較してみましょう。引越の際に地震対策もやっておくということは、とてもよいことではないかと思います。これに関しては引越し会社の方から勧めてくるようなこともないようなので、見積もりの際などにこちらから聞いてみるとよいとおもいます。

 

 

川崎市から神戸市への引越し概算見積もり額

単身で引越しの場合
川崎市から神戸市への引越し概算見積もり額は
おおよそ50,000 〜 90,000円の費用が相場です。

 

夫婦2人での引越しの場合
川崎市から神戸市への引越し概算見積もり額は、
おおよそ60,000 〜 150,000円の費用が相場です。

 

家族4人での引越しの場合、
川崎市から神戸市への引越し概算見積もり額は、
おおよそ70,000 〜 200,000円の費用が相場です。

上記は、川崎市から神戸市への引越し概算見積もり額の
一般的な荷物量を設定して算出した参考価格です。

 

引越し料金は、その人、その人の引越し内容によって違います。
引越し料金は、業者によって違います。最大で50%も違うこともあります!

 

自分の引越し料金を具体的に知りたい、料金が安い引越し業者を選びたい


これを使うと便利です!
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。

各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。


 引越し価格ガイド


 

 

■引越し業者の種類
引越し業者の種類について紹介したいと思います。引越し会社といってもとてもたくさんの会社があります。全国に支店や営業所があるような大手の引越し業社だったり大手ではなくても、利用者から大変評判がいい会社もあります。また、引越し専門業者以外にも運送業者も引越しサービスをしているところも多くあります。引越し業社にはそのように多くの業者がありますがどの引越し業社を利用するのかは自分の引越しに合った業者を考えればいいと思います。荷物もそれほど多くない一人暮らしの場合は、最近は、家具や家電がすでに用意されているような賃貸物件もありますので、こういったケースですと、家具の運搬などもないわけですから、赤帽や単身パックのようなもので十分事足りると思います。同様に、会社の独身寮に引っ越しをする場合も、引越し業者や運送業者に単身用の引越しサービスが用意されていますので、そのようなものを利用すれば、簡単でお得にに引越しができるのではないかと思います。こんなふうに、引越し業社は自分の引越しの内容を考えてそれに合ったもので決めるのがいいと思いますし、引越し業社を選ぶときには、数社から見積書を出してもらうようにして、価格を比較して選ぶ他にもどこまでの作業をやってくれるのかも確認して、最もお得な会社に依頼するのがよいですね。

 

■引越し業者ランキング
引越し業者のランキングがあるのを知っていますか?引越しってそんなに頻繁にするものではないですから、かなり役に立つ情報ではないかと思います。ランキングで高く評価されているような引越し業者は、安心して引越しを任せることができます。引越し業者のランキングを見ることができるのは、複数の引越し業者の一括見積ができるサービスのサイトなどでよく紹介されています。このランキングにもいろいろありまして、引越し料金見積が安かった業者や営業対応がよかった業者の評価であったり、引越し作業スタッフの態度や実際の作業の質に対する評価によって、ランキングがされているのが一般的です。今、引越し業者をどこにしたらいいか考えてる人には、見積もりをどこでお願いしようかと迷っている人もいるのではないでしょうか。そういった場合には、引越し業者のランキングを参考にすれば、価格や仕事の質などについての評価がわかりますので参考になります。ランキングといっしょに、利用者の感想なども書かれているものもあり、実際に利用した人の率直な感想が書かれているので、比較的安心して信頼できる情報だと思いますから見ておきたいものだと思います。

 

■引越しのスタイルで業者を選ぶ
引越し業者やプランの選び方についてですが、荷物の量や家族の都合といったことによって、引越し業者の選び方も変わってくると思います。例として、一家そろって引越しをするような場合、人数も多ければ当然ですが、荷物も多くなるでしょうから、引越しも大変です。子供が小さければ、引越しの間もほったらかしにはできないですし、家族全員で引越しをする場合は、自分たちでできる作業の量や作業の範囲を考えて、引越し業者やサービス内容を選ばなければなりません。子供がまだ小さい家庭ですとか、お年寄りの方も一緒に引越す場合は、子供や、お年寄りの世話も必要ですし、もちろん仕事もしなければなりませんし、仕事をやりながら、家の引越しの準備をするので、思ったように作業もはかどりません。そのような場合には、梱包作業から全部請負ますというような、こちらで荷造りなどもしておかなくてもよいというサービスもある引越し会社とそのサービスパックを選べば、引越し業者がやってくれるので助かると思います。それに対して、単身引越しの場合は、荷物が少ないですから引っ越しの準備といってもそれほど多くないですし、一般的には大変な引越しにはならないと思います。単身パックや一人暮らしパックがある引越し業者を選べば料金も安いですし、てっとり早くてよいのではないでしょうか。一家そろっての引越しと違って、単身の場合は引越しもわりと楽なので、そのように、単身向けに手軽なサービスがある引越し業者を選ぶとよいでしょう。

 

 

■引越しのらくらくパック
らくらくパックという引越プランとはどんな感じかといいますと引越しのらくらくパックというサービスは各引越し業者で商品化されていますけど、商品名ですとかサービス内容も少々違っているかもしれません。例えば、クロネコヤマトの引越の場合ですと引越しらくらくパックという名前ですが、日通の場合でしたら、ゆうゆうこんぽという商品名だったかと思います。松本引越しセンターでしたらおまかせコースという名前のプランになっています。引越し業者が小物類の梱包も荷物の運搬作業まで至れり尽くせり任せることができる引越しをすべてプロに任せてしまうパックになっている商品がいわゆるらくらくパックなのです。引越しの作業のかなりの部分を業者がやってくれるパックですが、荷造りをする前の荷物の仕分けなどに関しては、自分であらかじめしておく必要があります。引越しのらくらくパックの中で荷解きをやってくれるサービス内容であっても荷物を梱包から出して梱包材は片づけてくれますが、すべてをやってくれるというわけではありません。しかし基本的な引越プランと比べて少し費用は掛かると思いますが、業者がかなりの部分をやってくれますので、時間がない人などではよいサービスですね。赤ちゃんがいる家族の引越などでは思うように準備もできないものですからこういったサービスを頼むのが、その分の価値はあると思います。

 

■単身引越し
自分ひとりで引越しをする場合は、単身の引越しサービスがあります。単身の人、学生の一人暮らしの人の場合には、家族で引越しをする場合とは、また違ったものになります。独身者でしたら、ふつうは家具や家電もそれほど大きなものはないですし、荷物も自分の分だけですから、それほど多くならないでしょう。なので、単身の場合は、家族引越し向けのサービスにあるようなダンボールを必要なだけ無料サービスといったこともあまり必要ないと思います。それより引越し作業にかかる料金をもっと安い価格にしてもらったほうがありがたいのではないでしょうか。自分一人で引越しをする場合には、荷造りも簡単だと思いますし、引越し先まで、引越し業者のトラックの助手席に乗って行けるというサービスのほうがありがたい人も多いでしょう。社会人の単身引っ越しにはそれにふさわしい、学生の一人暮らしには学生の一人暮らしに適している引越しプランもありますので、そのプランで頼んだ方が、料金も安く済みますし、それ用のコンテナなども用意されているので便利だと思います。単身の引越しパックはだいたいのの引越し業者で商品としてあると思いますので、各社の特徴などもチェックしてみて、自分の引越しの場合、どれが一番良い内容か、気に入ったところを探してみるといいかもしれませんね。単身引っ越しの場合は、荷物も少ないので、料金も安くつくのがほとんどです。

 

■自分で引越し
引越しするのに特に引越し屋さんに頼まなくても大丈夫と考えてる人も多いのではないでしょうか。引越しを自分でやろうと思ったときのメリットとデメリットについてそれについてちょっと書いてみたいと思います。最初に、引越しを自分ですることのいいところはやはり引越し屋さんの料金がいらなくなりますので、そのぶんの引越しにかかる費用が安く済みます。そして引越し業者を使わないほうが気楽に引越しできる部分もあります。引越し屋さんを頼めば確かに楽ですが、初めて会う引越し業者のスタッフに、どうするのかいろいろと説明したり予定外のこともなにかと起こりえますし、全部おまかせで気楽に引越しできるわけでもありません。引越しを自分でする場合は、家族や友達同士で引越し作業をするわけですから、業者を頼む場合に比べて気楽にできるかもしれません。家族や仲間だけで引越しをする場合には、メリットだけでなくこまったところもあります。自分で引越しをするデメリットは結果的には、かえってお金を多く使ってしまったということもよくあるようです。仲間同士で引越しを手伝ってもらう場合は、食事をごちそうするなり何かでお礼はしますから、トラックなどを持っていなければレンタカー代もかかりますし、なんだかんだで引越し業者を頼んだ方が安かったのではないかという話もよく聞きます。それ以外にも、家族や仲間内で引越しをやる場合には、引越し会社の作業員のように、それなりに教育された専門スタッフではないので、これもよくありがちなことですけど、思ったより荷物が多くて積みきれなかったとか、いろいろと困ったことも起こってしまうものです。なので、引越しを自分ですることはメリットもありますが現実には、引越し業者を使った方が安かったということもあるので、その辺も考えてから決めてもよいかと思います。

 

 

 

川崎市から神戸市への引越し概算見積もり額

単身で引越しの場合
川崎市から神戸市への引越し概算見積もり額は
おおよそ50,000 〜 90,000円の費用が相場です。

 

夫婦2人での引越しの場合
川崎市から神戸市への引越し概算見積もり額は、
おおよそ60,000 〜 150,000円の費用が相場です。

 

家族4人での引越しの場合、
川崎市から神戸市への引越し概算見積もり額は、
おおよそ70,000 〜 200,000円の費用が相場です。

上記は、川崎市から神戸市への引越し概算見積もり額の
一般的な荷物量を設定して算出した参考価格です。

 

引越し料金は、その人、その人の引越し内容によって違います。
引越し料金は、業者によって違います。最大で50%も違うこともあります!

 

自分の引越し料金を具体的に知りたい、料金が安い引越し業者を選びたい


これを使うと便利です!
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。

各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。


 引越し価格ガイド


 

 

■神戸市の公共機関、電気・ガス・水道の引越しの連絡先電話番号
神戸市役所 〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 電話:078-331-8181(代表)
【電力】
関西電力 神戸営業所 0800-777-8041(通話料無料)9:00〜20:00
東灘区、灘区、中央区、兵庫区、長田区、須磨区、北区(有野町、大沢町、鹿の子台北町、鹿の子台南町、京地、菖蒲が丘、長尾町、西山、大池見山台、藤原台中町、藤原台北町、藤原台南町、有馬町、八多町、道場町、有野台、唐櫃台、東有野台、東大池、西大池、赤松台、有野中町、唐櫃六甲台、上津台、山田町上谷上の一部、淡河町を除く)

 

関西電力 明石営業所 0800-777-8045 (通話料無料)9:00〜20:00
神戸市 垂水区、西区

 

関西電力 三田営業所 0800-777-8047 (通話料無料)9:00〜20:00
神戸市 北区(有野町、大沢町、鹿の子台北町、鹿の子台南町、京地、菖蒲が丘、長尾町、西山、大池見山台、藤原台中町、藤原台北町、藤原台南町、有馬町、八多町、道場町、有野台、唐櫃台、東有野台、東大池、西大池、赤松台、有野中町、唐櫃六甲台、上津台、山田町上谷上の一部)

 

関西電力 加古川営業所 0800-777-8082 (通話料無料)9:00〜20:00
神戸市 北区(淡河町)

 

【ガス】
大阪ガスお客様センター リビング事業部 兵庫事務所 フリーダイヤル 0120-7-94817

 

【水道】
神戸市水道局お客さま電話受付センター:078−797−5555
受付時間は、9時〜17時15分です。(土日祝日及び年末年始を除く。)
繁忙期(2月中旬から4月中旬)は、土曜日も平日と同時間帯で営業します。