川崎市からの引越し見積もり|安くする方法

川崎市から全国の主要都市への引越しを予定されている方へ、
このサイトでは、川崎市から全国の主要都市の引越し概算見積もり額と、
引越し費用を安くするための見積もりの方法をご紹介しています。

 

引越し料金は、業者によって違います。
最大で50%も違うこともあります!

  • 具体的な引越し料金を知りたい
  • 料金が安い引越し業者を選びたい

という方は、こちらのサイトをご利用ください。
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。
各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。

 

 引越し価格ガイド

 

 

 

川崎市から全国の主要都市の引越し概算見積もり額

 

川崎市から全国の主要都市への引越し概算見積もり額は、
各引越し先別のページをごらんください。

 

川崎市内での引越し概算見積もり額

単身で引越しの場合
川崎市内での引越し概算見積もり額は
おおよそ20,000円〜60,000円の費用が相場です。

 

夫婦2人での引越しの場合
川崎市内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ30,000円〜80,000円の費用が相場です。

 

家族4人での引越しの場合、
川崎市内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ40,000 〜 100,000円の費用が相場です。

上記は、川崎市内での引越し概算見積もり額の
大まかな概算としての参考価格です。

 

引越し費用を安くするための見積もりの方法

引越しの費用は、引越し先までの距離、荷物の量、
現在の住まいからの搬出、引越し先での搬入作業のしやすさ、
といった条件によって決まってきます。

 

また、同じ引越しでも、引越し業者によって料金は違います。
例えば、東京に引っ越すにはA社が安いけど、大阪にはB社が安い、
というように引越し先によって、料金の安い業者が違うこともあります。

 

引越し費用を安くするには、引越し各社の料金を比較して、
良心的なサービス内容で最も料金の安い業者を選ぶことが大切です。

 

しかし、自分で多数の引越し業者から見積もりを取るのは大変です。
インターネットの一括見積りを利用すると簡単にできます。
現在、最もよく知られている引越し一括見積はこちらです。

 

引越し料金は、業者によって違います。
最大で50%も違うこともあります!

  • 具体的な引越し料金を知りたい
  • 料金が安い引越し業者を選びたい

という方は、こちらのサイトをご利用ください。
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。
各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。

 

 引越し価格ガイド

 

 

 

 

■引越料金の見積もり
引越しをする場合の料金見積についてですが、引越し業者もいろいろありますし。引越し各社の見積を比較してみて、引越し屋さんを選ぶとよいと思います。見積を比較するというとめんどうかもしれませんが、まずは、見積もりを出してもらうことで各社の料金がどうなのか、また、サービス内容の違いについても比べて、安くて、サービスもよい業者がわかります。引越し料金の見積もりは、ほとんどの引越し会社で行われています。引越し料金を見積もりしてもらうには、最近は、インターネットなどで簡単に依頼ができます。そうすると、引越し業者の営業担当が訪問して見積もりをしてくれます。どうやって引越し料金を計算するかは、一般的には、どの引越し会社でも似たようなものでしょうけど、まずは、どの荷物がどれくらいあって、それから、荷物の搬出、搬入の経路なども確認します。その他にも、新しい住まいまでの距離とか引越し先の搬入経路の確認など、などから、トラックの大きさや作業人員を見積もりして金額を計算します。見積書を受け取ったら、それによって業者を選ぶのですが、3社くらいから見積もりをしてもらうことで、サービス内容が同じようなものだったら、一番お得な引越し業者がどこかわかりますし、金額にそれほど差がなくてもサービスの違いを知ることができますから何社かの見積もりを比べて選ぶことで、お得でサービスのいい引越し業者に頼むことができます。

 

■引越しの見積もり比較
引越し業者は、見積もりを比べて選ばないと損するかもしれませんよ!引越しの見積もり比較では、どんなところで比較をして選ぶのがよいかということですが、まず、見積もりを比較する場合には、価格で比べるのは価格以外のサービスの面でも引越しの見積もり比較をするといいですね。例として、何社かから見積もりを出してもらったら、引越しプランが同じ場合でも、ダンボールの数であったり、布団袋とかハンガーボックスがあるかとか梱包資材はどんなものを用意してくれるのかとかも引越しの見積もりを比較する際にはチェックしておくのも大切です。中には、引越しのを依頼をすると特典プレゼントがあるとかサービスを行っているところもありますし、タンスの中身はそのまま出さなくてもよいこともありますし、タンスの中身を出さなければならないこともあります。引越しの見積もりをしてもらったら数社から見積書を出してもらって値段とサービス内容について比べてみるのがいいですね。数社から見積書を出してもらうことによって、価格ではどの引越し業者が安くて、サービスはどの引越し業者がいいのかということがわかるので、お得な業者を選ぶことができます。ですから、引越しの見積もりは1社だけではなくて、複数の業者を比べて一番良いところを選ぶのがお得です。

 

■引越し料金の仕組み
引越し業者の値段って、どうやってつけられているのでしょうか?引越し料金はどのような内訳になっているのかというと、運送料と人件費、梱包費と交通費、保険料などから料金を計算しています。まず引越し料金の運送費ですが、運送費に含まれるのは基本的に運賃と作業料です。引越しに使用するトラックの大きさや必要な作業時間どのくらいの距離荷物を運ぶのかによって、引越し料金の金額は変わってきます。使用するトラックが大きくなればなるほど引越し料金は高くなりますし、もちろん、使用する台数が多くなるほど引越し料金の値段は高くなりますし、当然ですが、引越し先が遠ければ遠いほど引越し料金は高い価格になりますし、それから、人件費に関しては、これは引越し業者の作業員のことで必要な作業スタッフの数が多ければ多いほど引越し料金は高い価格になります。そして梱包費と交通費がありますが梱包費は引越しに使用する梱包材料や梱包作業になります。交通費も、高速や有料道路の料金ですから使わなければかかりません。もう一つ保険料といいますのは引越し業者によってある場合と無い場合があります。何か傷がついたりトラブルがあったときに保険がかけられているかどうかは重要なポイントになります。引越し業者の料金は主にこれらの合算になっています。最近は、いろいろなサービスがある業者も多いですから、3社くらいを比較をしてお得な業者を選ぶのがよいと思います。

 

■引越しのオンライン見積もり
引越しの見積もりがインターネットでもできます。インターネットでどうやって引越しの見積もりをするかといいますと、自分の連絡先や、引越し先、荷物の料などを入力すると、入力作業は一度だけで、複数の引越し業者に見積もりを依頼することができるのが便利なので、使う人も多くなっています。多くの引越し業者に自分で見積もり依頼の連絡をするのはなかなか大変ですが、このシステムですと、入力は一回だけで済んでしまうので、最近では知名度もあり、利用する人の人数も大変多くなっています。残念ながらこの段階での見積もりでは、かなりアバウトな料金しかわからないので、実際の引越し料金を見積もりしてもらうためには、実際に訪問してもらって見積もりをしてもらわなければなりません。オンライン見積もりのよい点というのは、自分でたくさんの引越し業者に見積もり依頼をしなくてもよいという点で、複数の引越し業者を比較することができるということです。各引越し業者の見積もりを比べることで最もお得に引越しができる会社がわかりますから、最もお得な会社に引越しを依頼することができることです。実際に引越し料金は会社によってかなり違いますから、お得に引越しをしたい方はぜひ使ってみるとよいですよ。

 

■引越し業者の種類
どんな引越し業者を選ぶのがよいのかということですが、引越し業者といっても色々な引越し業社があると思います。テレビCMで聞いたことがある大手の引越し業社だったり特定の地域でとても評判のよい業者などもあります。また、赤帽のような軽貨物運送業者もあります。このように引越し業社にはいろいろありますが、どの引越し業社を利用するのかは自分の引越しに合わせて決めればいいと思います。荷物もそれほど多くない一人暮らしの場合は、家具や家電付きの賃貸物件というのも最近では人気になっています。このような部屋に引っ越しをする場合、それほどの作業もないですので、赤帽のような軽貨物運送業者に頼めば十分なのではないでしょうか。他にも、独身者の転勤などの場合でも、大手の引越し業社の単身用の引越しサービスが用意されていますので、そちらを依頼すれば簡単でお得にに引越しをすることが出来ます。こんなふうに、引越し会社は自分の引越しのスタイルや引越しの規模に合わせて選ぶとよいのではないでしょうか。その中でも引越し業者は、何社かの会社に見積もりを依頼してみて料金について比べるとともに、ダンボールや梱包材料をくれるかなども確認して一番条件のよい会社に依頼するのがよいですね。

 

■引越しのスタイルで業者を選ぶ
引越し業者に引っ越しを依頼する場合には、自分の引越しのスタイルによって、都合の良い業者やサービスパックがあると思います。例として、家族で引越しをする場合ですが、家族の人数が多くなればそれだけ荷物も多くなるでしょうから、引越しも大変です。小さな子供などがいる場合は、子供も見てなければいけないので、家族全員で引越しをする場合は、作業量と、どれだけ手間をかけることができるかで、業者や依頼するサービスを選択する必要があります。子供がまだ小さかったりする場合ですとか、高齢者も一緒に引っ越しをする場合では、子供や、お年寄りの世話も必要ですし、仕事をしている人は、仕事の合間に、家の引越しの準備もしなければならないわけで、思ったように作業もはかどりません。このような人の引越しの場合には、全部おまかせコースとかいうような荷造り、梱包作業も引越し業者に任せてしまえるようなサービスのある引越し業者に依頼することによって、少し料金は高くなりますが、助かるのではないでしょうか。また、単身での引越しの場合では、荷物と言ってもそんなにないでしょうから、大家族の引越しの場合と違って、それほど人手も必要ないのではないでしょうか。引越し業者の単身パックのようなサービスを依頼すると、安くてサービスのいい引越しをすることが出来る場合があります。大人数の引越しと違って、単身の場合は引越しもわりと楽なので、単身パックのようなサービスを選べば、難なく引越しも住んでしまうと思います。

 

■引越し業者ランキング
引越し業者のランキングが掲載されているサイトがありますが、引越しってそんなに頻繁にするものではないですから、とても参考になる役に立つ情報だと思います。ランキングで上の方になっているような引越し業者ですと、実際に、良心的な、価格やサービスの業者が多いと思います。このランキングというのは、色々な引越し業者を一括でオンライン見積もりをしてくれるサイトなどで見ることができます。何を基準に評価するかもいろいろあって価格の安いランキングですとか、営業対応がよかった業者の評価であったり、引越し作業スタッフの態度やスピード、サービス全体などを見てポイントが高い業者順にランク付けされています。今、引越しの予定があって、計画をしている人にとっては、引越しはそんなに頻繁にしないからよくわからないという人が多いのではないでしょうか。そういった場合には、このランキングを参考にしてみると、信頼できる引越し業者がどこなのかがわかって便利だと思います。一括見積サイトに掲載されているのは、このサービスを通じてわりと正直な感想が書かれているものが多いので、どの引越し業者を選んだらいいかを決めるために、見ておきたいものだと思います。

 

■引越しの追加料金
引越業者に依頼する場合に追加料金は通常は、取られるケースはありません。基本的には、見積もりをした時に決定している料金がすべてです。そういうことで、当日になってからそれとは別に費用がかかるということはないはずなのです。しかし、引越しの場合によっては、見積もりの際の荷物の内容ですとか引越し先の場所であるとか家の前の道幅などが見積もりをした際の情報とは違っていたために追加料金が必要になる場合があります。見積もり時に確認した内容と違いもし、当日業者が乗ってきたトラックに荷物を積み切れなければ、往復して輸送したり、別のトラックで荷物を運ぶなどして荷物を運ばなくてはなりません。正しく見積もりの時に自分が伝えなかったことが原因で積み残しが当日発生してしまった場合では、追加の費用が発生するのもやむを得ないでしょう。また引越しの当日に引越し業者が家に行ったときに、まだ梱包作業ができていない状態で、梱包作業の大半を引越し業者にやってもらった場合などもそのための料金が追加されることもあります。そのようにどういう場合追加料金が必要か契約時には、しっかりと確認しておきましょう。引っ越しの作業を予定通りスムーズに終わらせるためにも、追加料金が発生しないようにするためにも、できれば前日まで、荷造りなどの準備は終わらせておきましょう。

 

■単身引越し
単身での引越しには単身の引越しサービスがあります。独身や学生など一人暮らしの人の引越しの場合は、家族の引越しとは、また違ったところに要望があります。独身者でしたら、ふつうは家具や家電もそれほど大きなものはないですし、荷物も自分の分だけですから、それほど多くならないでしょう。自分一人で引越しする場合は、家族プランのようなダンボールや引越しの保険などといったサービス特典もそれほど必要としないかもしれません。それより引越し作業にかかる料金をもっと安くしてもらったほうが嬉しいのではないでしょうか。単身の引越しの場合には、梱包も簡単でいいですし、引越しの荷物を運ぶトラックの助手席に乗せていってもらえるというサービスのほうがありがたい人も多いでしょう。単身赴任や独身者の場合にはそれ用の、また、学生の入学などの場合にはそれに合ったような、引越しプランも商品化されていたりしますので、料金も安くなるのではないかと思いますし、引越し業者の人も、勝手がわかっているので、てっとり早くできると思います。単身の引越しパックはだいたいのの引越し業者でそのようなサービスがあると思いますので、一度比較してみて各社の単身パックを比較検討した中で、使い勝手のよいものを見つけて申込みするとよいですね。家族の引越しを比較すると単身引越しの場合はお得に、手っ取り早くできてしまうでしょう。

 

■引越しのらくらくパック
引越のプランにらくらくパックというようなものがありますけど、引越しのらくらくパックというサービスは頼める引越し業者も多くなっていますが、プランの呼び方であったり内容は、それぞれの業者で違うかもしれませんが例えばクロネコヤマト引越しセンターの場合は引越しらくらくパックという商品名になっていますが、日通ではゆうゆうこんぽという名前になっていますし、松本引越しセンターの場合はおまかせコースと呼ばれていたと思います。引越し業者が荷物の梱包作業から荷物の搬出から搬入まで至れり尽くせりやってもらえるというプロの引越し業者が全部やってくれるサービスというのがらくらくパックというものです。引越の作業を全て業者に任せることができるとはいうものの荷造りをする前の荷物の仕分けなどに関しては、依頼者側でしておかなければなりません。引越しのらくらくパックの梱包の解体をしてくれる引越し業者の場合も、荷物を梱包から出して梱包材は片づけてくれますが、荷物の片づけなどは自分がしなければなりません。まあそれでも基本プランと比較すると料金的には少々割高になると思いますが、通常こちらでする作業も業者がやってくれますし、実際に、楽に引越しができるのは間違いないですね。赤ちゃんがいる家族の引越などでは準備するのも大変だったりしますので、多少は料金が高かったりしても、そのほうがよいと思います。

 

川崎市内での引越し概算見積もり額

単身で引越しの場合
川崎市内での引越し概算見積もり額は
おおよそ20,000円〜60,000円の費用が相場です。

 

夫婦2人での引越しの場合
川崎市内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ30,000円〜80,000円の費用が相場です。

 

家族4人での引越しの場合、
川崎市内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ40,000 〜 100,000円の費用が相場です。

上記は、川崎市内での引越し概算見積もり額の
大まかな概算としての参考価格です。

 

引越し費用を安くするための見積もりの方法

引越しの費用は、引越し先までの距離、荷物の量、
現在の住まいからの搬出、引越し先での搬入作業のしやすさ、
といった条件によって決まってきます。

 

また、同じ引越しでも、引越し業者によって料金は違います。
例えば、東京に引っ越すにはA社が安いけど、大阪にはB社が安い、
というように引越し先によって、料金の安い業者が違うこともあります。

 

引越し費用を安くするには、引越し各社の料金を比較して、
良心的なサービス内容で最も料金の安い業者を選ぶことが大切です。

 

しかし、自分で多数の引越し業者から見積もりを取るのは大変です。
インターネットの一括見積りを利用すると簡単にできます。
現在、最もよく知られている引越し一括見積はこちらです。

 

引越し料金は、業者によって違います。
最大で50%も違うこともあります!

  • 具体的な引越し料金を知りたい
  • 料金が安い引越し業者を選びたい

という方は、こちらのサイトをご利用ください。
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。
各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。

 

 引越し価格ガイド

 

 

 

 

■自分で引越し
引越しするのに特に引越し屋さんに頼まなくても大丈夫と考えてる人も一人暮らしなどの場合は多いかもしれませんね。引越し屋さんを使わずに自分で引越しする場合の、いい点、悪い点などについても、それについて紹介したいと思います。なんといっても、引越しを自分で行うことのいいところはあたりまえのことですが、引越し屋さんを頼むお金が必要ありませんから、その分のお金がかからないで引越しができます。また、自分でやってしまった方が、気楽にできるというのもあるようです。引越し業者を頼めば確かに楽ですが、初対面の引越し業者のスタッフに、どうするのかいろいろと説明したりこちらが頼んでいるとはいえ、気を使ったりしてそういった部分で気楽でもない部分もあるものです。引越しを自分でやってしまえば、家族や友達同士で引越し作業をするわけですから、業者を頼む場合に比べて気楽にできるかもしれません。引越しを自分で行うとメリットだけでなくデメリットもあります。自分で引越しをするデメリットは結果的には、かえってお金を多く使ってしまったということもあるといわれています。友だちに引越しを手伝ってもらうのですから、食事代を出したりお礼をしたり、トラックなどを持っていなければレンタカー代もかかりますし、実際にやってみると、引越し業者の料金よりお金を使ってしまったということもあるようです。また引越し業者を頼まないでする場合には、引越し屋さんのように、ちゃんと教育研修を受けたプロとは違いますから、これもよくありがちなことですけど、家具や荷物を傷つけてしまったり、いろいろと困ったことも起こってしまうものです。現実にそういうこともあるので、引越し業者を使わない方法は安く済む場合もありますが逆に高くついてしまうこともありますから、そんなことも考えて、どうするか決めるとよいのではないでしょうか。

 

■引越しの手順
引越しの手順について紹介したいと思います。気持ちばかりが焦ってしまうかもしれませんが、引越し作業をスムーズにこなすには手順というものがあります。まずはいつ引越しをするのか、それまでの段取りをどうするかといったプランといいますのがしっかりできているかで効率よく引越しをするためには大切なことになります。この引越しの計画がきちんとしていれば、無駄なお金や時間を使わずに、スムーズにに引越しが出来ると思います。とにかく、まず何から始めるかというと、引越しプランをきちんとつくってみましょう。引越しの日取りやどこの引越し業者に頼むのか、引越しの時間帯なども決めなければいけません。引越しの計画をしっかりと立てることで引越しがスムーズに終わるかどうかは決まるといってもいいでしょう。引越しの計画をつくったらその後、いきなり荷造りではなくて、その前に、必要なものといらないものを分けて、持っていかないものは整理するという荷物の量を減らす下準備が必要です。ある程度荷物を少なくできれば荷造りもスムーズになります。いらないものを処分してから始めないと、荷物の仕訳をしながら荷造りしなければいけないので荷造りの時間が長くなってしまいます。さっさと荷造りをしてしまうためには、ある程度の荷物の整理が大切です。さて、引越し当日には、荷物を運び出して、新しい家に運んで引っ越し後の荷物の整理といった感じで作業は進められますが、この間にも、引っ越す前の近所への挨拶や引越し先でのあいさつなど引越しの手順はなかなか大変です。

 

■引越しの計画
引越しを効率的にやってしまうためには、しっかりと計画をしておくことが最も重要だといわれています。この引越しの計画がきちんと立てられていないと引越しがスムーズに進みません。引越しをスムーズに終わらせるためにも、前もって引越しの計画をしっかりしょう。例えば、引越しをする日ですが、季節によっても事情が違います。例えば月月は転職や入学、就職によって引越しが集中する時期で値段も高くなりますし、アルバイトの作業員が多かったり引越しが希望の日に行うことが出来ないことがあります。そういうこともあり、引越しの予定はできれば早めに決めておいてできるだけ繁忙期はやめておくほうがいいかもしれません。ほかにも、引越しをする時間についても、引越し業者の料金は、時間帯が遅くなれば遅くなるほど金額は安くなるといわれていますから、自分がいつ頃引越しを考えているのか引越しをする時間についても考えておくとよいでしょう。ある程度の引越しの計画が立ったら、それから、何社かの引越し業者に引越し料金を聞いてみましょう。各社の引越し見積もりを比較検討することで最も条件のよい引越し業者を選ぶことができますので、大まかな引越しの計画が立つと思います。引越しを依頼する会社と予定日が決まってしまえば細かい部分はおのずと決まってくるかと思います。

 

■引越しの荷物の仕分
引越しの荷物はなるべく少なくしておくのがいいと思います。引越しというのは荷物を整理する絶好のチャンスでもあります。それに、引越しの準備を始める前に、事前にある程度持ち物の仕分をしておくことで荷造りの作業も早く終わるのではないでしょうか。例えば、まずは、洋服から整理しましょう。ほとんど着ない洋服、古くて着なくなった洋服などを仕分けすることで引越しの荷造りの下準備になります。そして引越しの準備をしてるときに不用品が出てきた場合には、不用品をどうするのか考えましょう。リサイクルショップで引き取りしてくれるものか粗大ごみとして処分するにはどうするのか不用品の処分についても準備をしてておけば引越しの準備もスムーズに進むと思います。家電などは種類によって、リサイクル法で業者に頼んでリサイクルに出してもらわなければいけないこともありますから、もって行く電化製品、処分する電化製品などの整理も事前にしておくといいかもしれません。引越しの荷造りに入る前に荷物の仕分をしておくと荷物の量を少なくしておくことができますので、少ない時間で荷造りの作業もできますし、引越しの日がきまったら、できればすぐにでも、持っていくものを整理して、減らしておくのがよいです。

 

■引越しの荷造り
引越しの荷造りについて紹介したいと思います。引越しの荷造りのコツとしては梱包に気をつけましょう。最近は梱包まで請け負う引越し業者も多くなっていますが、自分で引越しの荷造りの梱包をする場合には、色々な注意点がそれぞれのものによってありますから、それについてご紹介しますと、食器類や装飾品などのワレモノの梱包の場合に、引越し業者がやってくれるなら、壊れやすいものはやはり引越し業者任せるのがいいと思います。食器は強度によって梱包のやり方も違いますから割れないような梱包をしてもらうことが引っ越し業者ならそうしてくれると思います。食器の梱包を自分でする場合には、緩衝材などを手に入れて割れないようにしましょう。引越しの荷物には自分で持って行ったほうがいいものがあります。それはもしも無くなってしまったときに自分の宝物や貴重品などは自分で持って行ったほうがいいと思います。例えば高い宝石や時計など預金通帳、実印や株券、もちろん現金もそうです有価証券や権利書なども自分で持っていくのが安全です。引越しの荷造りはできるだけ何が梱包されているかわかるようにダンボールにわかりやすく書いておいて、また、どの辺に運び込んでおくのか書いておくと運び込んだ後で荷物を整理するのに便利です。

 

■引越しの当日
引越し当日の作業については、引越し会社の作業員の人がやってくれますが、こちら側も、全く何もしなくていいということでもありません。当然ですが、引越し業者からの質問に適切に答えてやることで、引越しが効率よくに進みます。例えば大物の家具などは前もって、配置図を引越し業者に渡しておくと引越し会社の作業員も仕事の組み立てがしやすくなります。あるいは、図に描いておくということまではしなくても、作業をすながら適切に指示をしてあげれば引越しがスムーズに進みます。引越しの当日は引越しがスムーズに進むように、前もって、当日の作業スケジュールや終了時間の確認、引越し業者のトラックの駐車場所などの確認をしておけば無駄な時間を使わず作業をできます。もしも特殊な物を運搬する必要があるある場合には、見積もりの際に引越し業者に聞いておいてその引越し業者で運べなければ、別の業者に頼まなければいけませんからそちらの手配も引越しをする前にしておく必要がありますね。引越しの当日は荷物の搬出、搬入をすればいいと思っている人もいるかもしれませんが、実は引越しのその日もスタッフにいろいろと指示を出したりといったように、引越しが早く終わるように依頼する側も引越し業者を手伝う必要があるので何かとたいへんだと思います。

 

■引越しに必要な梱包グッズ
引越しの準備に必要になるものについてなのですが、準備と言えば、荷造りからなわけですが、まず一番に段ボール箱が思いつくかと思います。ダンボールが必要なのは誰でもわかるのですが、問題は、一体どれくらいの数の段ボール箱が必要になるのかというと、人家族の引越しで箱くらいは必要なのではないかと言われていますから、それくらいの段ボール箱が必要です。段ボール箱は、引越しの業者を決めたときや引越しの依頼をすれば必要数を無料でくれるようになってますから、自分で用意する必要もなくなっていますから助かります。その他にも、ワレモノなどを梱包するのに、プチプチシートとかそういったものも必要です。こちらはホームセンターなどで量り売りされていますから、ワレモノはこのようなものを使って梱包しましょう。それから、ワレモノを梱包する時には、新聞紙も要りますよね。新聞紙はワレモノの梱包の他にもいろいろ使いますので、わりとたくさんあってもいいのではないでしょうか。ダンボール箱をつくるためのガムテープももちろん、必要になりますよね。他にも引越しの梱包の際にはカッターナイフやハサミも必要ですし、軍手もあると便利です。それから、荷造りしたダンボールなどに、搬入の際に、どの場所に運んだらいいかわかるように書くために、マジックも一本もっておきましょう。

 

■引越しと防震
引越しと防震について紹介したいと思います。阪神大震災があってからは引越し業者さんでも家具を配置する際に防震グッズをしてくれるサービスが用意されている業者も多くあります。そのための防震グッズなどもいろいろと引越し業者にはあります。一例を挙げますと引越し先に家具を運び込んで配置したら地震で家具が倒れないようにする家具の固定金具を取り付ける方法ですとか、家具の設置をする下に滑り止めシートなどを設置しておくというものもあります。家具の配置を全て済ましてからでは、地震対策をしようと思ってもなかなか大変です。引越の忙しいときに、そんなものを自分で準備するのも手間ですし、引越し業者に頼めば、すべて引越しの時に同時にやってもらえますから都合がよいですよね。地震対策のサービスでは各引越し業者によって方法や使う対策グッズなどに違いがありますし、そのための料金も各社違いがあると思います。各社のパンフレットやホームページに地震対策についてのグッズやプランなどが載せられているはずですから、一度そこを見てみて、違いを比べてみるのがよいかと思います。引越の際に地震対策もやっておくということは、大切なことではないでしょうか。これに関しては引越し会社の方から勧めてくるようなこともないようなので、やっておきたい場合は、こちらから依頼をしておくことが必要です。

 

■引越しの各種手続き
引越しの時の電気水道ガスなどライフラインの手続きについて忘れないように書いておきたいと思います。最初に、引越しをする場合には、電話番号が変わりますから引越しが決まった時点でに電話をかけて新しい番号への変更手続きなどを行います。電力のほうは、引越しをする日くらい前に電力会社に電話して、引越しの手続きをしておきます。引越し先の電力会社にも、同時に、連絡して、引っ越し後、すぐに電気が使えるようにしておかなければなりません。ガスの引越しの際の手続きは、引越しをする日から週間くらい前までに連絡をして起きます。また、引越し先のほうでは、事前にその地域のガス会社の窓口に連絡をして新規契約の申込みをして引越しの日に、担当作業員が来て、検査をしてからガスを使うことが出来るようになります。引越しが決まったら、水道局には、電気やガスと同じく、引越し前に、電話をして、引越しの手続きをしておきます。引越したらすぐ水道がでるように、引越し先の手続きも同時にしておきます。電話やライフラインの移転手続きはだいたいこんなものですが、これらの引越しの際の手続きは、賃貸物件に引っ越しをする場合ですと、不動産業者のほうで手続きをする場合もあり、入居した日から連絡なしで使える場合もありますし、また、新居が新築の場合などでは、これ以外の手続きが必要になるケースもありますので、引越し先のによって個々に連絡をして確認をしておく必要があります。

 

■引越しの色々な手続き
引越しの色々な手続きについて紹介したいと思います。また役所に届け出る引越しの手続き以外にも例えば、新聞の契約をしている場合には、そして、銀行など金融機関の口座の住所変更もまた保険に入っていると思いますが、住所変更をしておかなければならないことがあります。一般に、入っているのは、生命保険、自動車保険ですが、その他にも、他にも、いろいろ種類がありますから、そういったものも、全部、住所変更の手続きをしておく必要があるのです。引越しの手続きでは、郵便局への連絡も大切です。郵便局に行って、転居届の用紙に記入して、ポストに入れておけば、引越し前の住所に郵便物が送られてきたら、一年間は、自動的に新しい住所に転送をしてくれるようになりますので、これは、必ずしておかなければいけませんね。それから、携帯電話なども住所変更しておかないといけないですし、インターネット回線も事前に引っ越しの手続きをしておけば、引越しをしてからすぐにインターネットを利用することが出来ます。

 

■川崎市の公共機関、電気・ガス・水道の引越しの連絡先電話番号
川崎市役所 〒210-8577川崎市川崎区宮本町1番地 電話:044-200-2111(代表) 

 

【電力】
東京電力カスタマーセンター 0120-99-5771

 

【ガス】
東京ガスお客さまセンター 引越し専用ダイヤル
電話:0570-002230(ナビダイヤル)
月曜日〜土曜日9:00〜19:00
日曜日・祝日9:00〜17:00

 

【水道】
川崎市上下水道局 上下水道お客さまセンター
電話番号 044-200-3548
受付時間 年中無休  8時30分〜20時

 

 

川崎市内での引越し概算見積もり額

単身で引越しの場合
川崎市内での引越し概算見積もり額は
おおよそ20,000円〜60,000円の費用が相場です。

 

夫婦2人での引越しの場合
川崎市内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ30,000円〜80,000円の費用が相場です。

 

家族4人での引越しの場合、
川崎市内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ40,000 〜 100,000円の費用が相場です。

上記は、川崎市内での引越し概算見積もり額の
大まかな概算としての参考価格です。

 

引越し費用を安くするための見積もりの方法

引越しの費用は、引越し先までの距離、荷物の量、
現在の住まいからの搬出、引越し先での搬入作業のしやすさ、
といった条件によって決まってきます。

 

また、同じ引越しでも、引越し業者によって料金は違います。
例えば、東京に引っ越すにはA社が安いけど、大阪にはB社が安い、
というように引越し先によって、料金の安い業者が違うこともあります。

 

引越し費用を安くするには、引越し各社の料金を比較して、
良心的なサービス内容で最も料金の安い業者を選ぶことが大切です。

 

しかし、自分で多数の引越し業者から見積もりを取るのは大変です。
インターネットの一括見積りを利用すると簡単にできます。
現在、最もよく知られている引越し一括見積はこちらです。

 

引越し料金は、業者によって違います。
最大で50%も違うこともあります!

  • 具体的な引越し料金を知りたい
  • 料金が安い引越し業者を選びたい

という方は、こちらのサイトをご利用ください。
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。
各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。

 

 引越し価格ガイド